水とおいしいコーヒー

コーヒー専門店など、おいしいコーヒーにこだわる人は多いと思います。誰でも手軽に活用できるコーヒーメーカーなどもありますが、豆や挽き方、水までトータルに使いこなすのは、なかなか難易度が高そうです。

コーヒーも紅茶と同様、軟水・硬水それぞれに味わいが異なるので、どちらがいいかは個人の嗜好も関わってきますが、一般的に軟水でいれたコーヒーはマイルドで酸味が立ち、硬水でいれたコーヒーは苦味が強くなる傾向があるとされています。これは軟水はコーヒー成分に影響を与えにくいのですが、硬水はミネラル分のカルシウムやマグネシウムが、コーヒー成分と反応しやすいためです。

注意が必要なのは、新鮮な水であること。沸かし直しや、汲みおきの水は避けたほうがよいです。また、水道水でも大丈夫ですが、カルキや水道管の金属、給水タンクなどの匂いが気になる場合は、浄水器を使うようにしましょう。