水とおいしい紅茶

パン食が定着した最近では、緑茶よりも紅茶やコーヒーを飲む機会の方が多いのでは?実は緑茶も紅茶も基本は同じ植物で、茶葉を発酵させるのが紅茶で、発酵させないのが緑茶です。緑茶は軟水のほうが合いますが、紅茶は基本的に軟水でも硬水でも大丈夫です。ただし、ミルクティーの場合は硬水のほうが、渋味がでないので美味しいです。あとは個人の好みになってきます。

紅茶をおいしくいれる「ゴールデンルール」は、まずポットを温めて使うことです。また茶葉の量はきちんと計量して使います。カップ1杯あたりティースプーン1杯が目安です。

大切なのがお湯の温度です。緑茶では茶葉によって温度が異なりますが、発酵茶である紅茶や中国茶の場合は、必ず新鮮な水を沸かした熱湯を使用します。そうすることで「ジャンピング」という、ポットの中で茶葉が対流する動きが起こり、旨味がすべて溶け出すのです。あとは蒸らせば、美味しい紅茶ができあがります。