水とおいしい緑茶

お茶をおいしく入れるには、水選びが重要です。緑茶は日本の水環境の中で育まれた食文化なので、やはり日本の水がしっくりきます。つまり軟水のほうが、渋味や苦味を含めて日本茶本来の味わいを引き出しやすいのです。

硬水を使用すると、ミネラル成分が、お茶の成分であるカテキンやカフェインと反応して濁り、味が薄くなり、香りも減少してしまいます。市販のナチュラルミネラルウォーターでは、硬水が多いので、要注意です。

もう1つ大切なのが、お茶をいれるお湯の温度で、これは茶葉によって異なります。日本茶の渋み成分であるカテキンは80度以上の高温で、旨み成分であるテアニンは50度程度の低温で溶け出しやすいのが理由です。ほうじ茶や番茶は高温のお湯でさっと出して香りを楽しみますが、玉露などは50度くらいの低温でじっくり時間をかけて旨味を引き出すことが大切です。